本沢海空門脇 麦

92年8月10日生まれ。東京都出身。11年にデビュー後、東京ガスのCM「ガスの仮面」でクラシックバレエを披露し注目を集める。
主な出演作は、NHK大河ドラマ「八重の桜」(13)、舞台「ストリッパー物語」(13)、テレビドラマ「ブラック・プレジデント」(14)、映画「闇金ウシジマくん Part2」(14)など。話題作「愛の渦」(14)ではヒロイン役に抜擢された。待機作は、舞台「K.テンペスト」(10月29日~11月3日 まつもと市民芸術館/串田和美演出)。今後飛躍が期待される若手俳優の一人。

KUMI道端 ジェシカ

84年10月21日生まれ。福井県出身。日本を代表するトップモデルであり、その抜群なスタイルと美貌で、「VOCE」、「CLASSY」、「sweet」、「anan」など多くの女性ファッション雑誌のカバーを飾る。
道端がかつてMCを務めていた「BeauTV VOCE」を永田琴監督が観てKUMI役に大抜擢、本作が記念すべき映画初出演作となった。自身も熱心なヨギーニであり、劇中で見せる美しいポーズの数々は大きな見どころのひとつ。14年秋には、初めてのヨガDVD「Jessica Yoga in Hawaii」を発売予定。

篤史ディーン・フジオカ

80年8月19日生まれ。福島県出身。シアトルの大学卒業後香港でモデルとして活躍し、映画「八月の物語」(05)の主演に抜擢され俳優デビュー。
台湾でドラマ、映画、TVCMに出演したり、インドネシアで音楽制作を行うなど、アジアでボーダレスに活動中。
13年には、「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」を監督兼主演し、主題歌も担当した。14年にはNHK BSプレミアム「撃墜 3人のパイロット」で日本のドラマに初出演する。

時森葉山奨之

95年12月19日生まれ。大阪府出身。11年にテレビドラマ「鈴木先生」でデビュー。映画「学校の怪談 呪いの言霊」(14)や「渇き。」(14)、NTTドコモLTEのCM「想いをつなぐ」編(13)などの話題作に出演している今注目の若手俳優。

RISA石田ニコル

90年5月29日生まれ。山口県出身。KOBEコレクションモデルオーディション2010でグランプリを受賞しモデルデビュー。「sweet」、「Gina」、「NYLON」などで活躍し、特に若い女性から圧倒的な支持を集める。
フジテレビドラマ「ファースト・クラス」(14)、映画では「パラダイス・キス」(11)に出演。

坂口健太郎

91年7月11日生まれ。東京都出身。「MEN'S NON-NO」専属モデル。人気女性誌「non-no」、「MORE」、「Seventeen」に登場するなど男女問わず人気を集めている。現在「niko and...」のCMにも出演中。本作が映画初出演となる。

本沢花代高谷智子

65年生まれ。青森県出身。テレビ、映画、舞台、ラジオ、ビデオ、司会、方言指導と幅広く活躍する。テレビ出演作は、主役を務めた「怪奇千夜一夜物語」(91)、「小早川伸木の恋」(06)、「87%」(05)、「危険な関係」(05)、「離婚弁護士II」(05)、「相棒season5」(06)など。映画出演作は「天まであがれ!!」(06)や「引き出しの中のラブレター」(09)。

綿本彰

日本ヨーガ瞑想協会会長。綿本ヨーガスタジオ主宰。大阪出身。幼い頃より、同協会の名誉会長である実父の故綿本昇師からヨガを学ぶ。大学卒業後、インドに渡りヨガ、アーユルヴェーダを研修し、94年にヨガの指導をスタート。
現在は、トラディショナルスタイルの総合ヨガスタジオでヨガの指導や指導者の育成にあたると共に、出版物のリリースやテレビや雑誌などを通して積極的にヨガの普及を行っている。

椎名慶子

ウタール ヨーガ&ヒーリング スクール主宰。日本最大規模のホットヨガスタジオLAVA創業インストラクター。
ニューヨークで全米ヨガアライアンスを取得。ヨガ哲学や瞑想、マントラを専門的に学ぶ。
また、椎名の心地よい声が自然に瞑想にはいりやすいとファンも多く、監修およびVOICE(声)を担当した瞑想CD「祈り」も好評である。

若尾編集長鶴見辰吾

64年生まれ。東京都出身。77年に「竹の子すくすく」(EX)でデビュー。主な作品は「跳んだカップル」(80)、「226」(89)、「GONIN」(95)、「鮫肌男と桃尻女」(99)、「L change the WorLd」(08)、「アントキノイノチ」(11)、「カラスの親指」(12)、「舟を編む」(13)など。最新作は14年末公開予定の「バンクーバーの朝日」。

佐藤の妻木内みどり

50年9月25日生まれ。愛知県出身。66年、劇団四季に入団。73年の退団まで多くの劇団作品に出演する。68年、TBS「安ベェの海」でドラマデビュー。その後も、数多くの映画・テレビドラマ・舞台に出演し、コミカルなキャラクターから重厚感あふれる役柄まで幅広く演じている。

佐藤螢雪次朗

51年生まれ。埼玉県出身。芸名は、大映映画の俳優・螢雪太朗と共演した際、譲り受けた。14年は「桜ほうさら」(NHK)、「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS)、「HERO」(CX)など出演多数で、現在「牙狼<GARO>―魔戒ノ花―」(テレビ東京)が放送中。映画出演作は、「小さいおうち」や「春を背負って」など。

梅之助村上淳

73年7月23日生まれ。大阪府出身。ファッション誌のモデルを経て93年に「ぷるぷる 天使的休日」で映画初出演。01年には「ナビィの恋」、「新・仁義なき戦い。」、「不貞の季節」の3作で一躍注目を集め、ヨコハマ映画祭助演男優賞を受賞。
近作は12年の「生きてるものはいないのか」、「ヒミズ」、「莫逆家族 バクギャクファミーリア」、「希望の国」、13年の「戦争と一人の女」など。14年出演映画作品に「2つ目の窓」、「オー!ファーザー」、「さいはてにて」、「チョコリエッタ」、「水の声を聞く」などがある。ドラマではWOWOW「変身」(14)、NHK-BSプレミアム「おそろし~三島屋変調百物語」(14)などがある。