ヨガのもつポジティブな力をテーマにした映画の誕生!

ハリウッドセレブから火がついたヨガブームは、心身ともに健康的で調和のとれた生活を送るためのツールとしてすっかり定着し、今や国内のヨガ人口は200万人にものぼるといわれています。身体を整えるために行う人。心の癒しとして取り入れている人。ヨガの歴史や精神に共鳴して始める人。入口や目的はさまざまですが、ヨガに魅了された人の多くが感じるのが、ヨガは心の安らぎをもたらしてくれるということ。『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』は、ヨガの持つそんなポジティブな力をモチーフに、二人の女性の友情と成長を描くハートウォーミングドラマです。

門脇麦、道端ジェシカがW主演。誰もが共感できる等身大のヒロインたち

青森から憧れの東京へ出てきた、素直さと根性が取り柄の本沢海空(ミク)、21歳。モデル兼ヨガインストラクターとして、華やかな世界で活躍する努力家のKUMI、28歳。境遇も価値観も対照的な二人がふとしたきっかけで同居することになり、ヨガとお互いの存在によってそれぞれ自分を見つめ直し、恋や仕事や将来に対する不安を乗り越えていきます。
海空を演じるのは、『愛の渦』のヒロイン役でセンセーションを巻き起こした今最も期待の新進女優、門脇麦。KUMI役には、幅広い層から絶大な支持を受けるトップモデルの道端ジェシカ。二人を温かく見守るバーのマスター役に村上淳。その他、ディーン・フジオカ、葉山奨之、石田ニコル、坂口健太郎、高谷智子、鶴見辰吾、木内みどり、そして螢雪次朗などの個性豊かな俳優たちが物語をドラマチックに彩ります。
物語を彩るのは俳優たちだけではありません。日本のヨガ界屈指のカリスマインストラクター綿本彰氏、そしてヒーリングヨガ界の人気インストラクター椎名慶子氏が実際にヨガインストラクター役で出演し、物語に厚みを与えています。

ハリウッドセレブも取り入れている「美しくなるための瞑想」を劇場でいち早く体感!!

監督・脚本を手掛けるのは、「渋谷区円山町」、「Little DJ〜小さな恋の物語」、そして東野圭吾原作の「分身」、「変身」をドラマ化した永田琴。自身の長年にわたるヨガの経験や知識を活かして、主人公たちがヨガによって変わっていく姿をていねいに捉えます。
そして、映画のラストでプチ体感できるのが、ヨガ愛好家のマドンナやミランダ・カーらのハリウッドセレブが美肌やアンチエイジングのために取り入れている“美しくなるための瞑想”。ナレーションをつとめるのは、前述の椎名慶子氏。なんとも癒されるその声に導かれて目を閉じれば、日常のストレスを忘れてリフレッシュできること間違いなしの、日本初の体感型ヨガ・ムービーがここに誕生しました。